スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版感想その5

色々すっ飛ばしてるので、思い出したら後から追加します。


早く3回目観たい!


ランカちゃんデビュー

…シェリルさんリベンジライブまで二週間。
その間にビシバシ仕事取ってきた社長!
凄すぎる。
本編以上にかなり有能ですね。
まあランカちゃん自身、ミスマクロス出場者とか、
売り出すポイントがありますがそれにしても凄い。

そしてここは6話に相当するのかな?
過酷な下積みを送るランカちゃんとアルトさん。

アルトさんはともかく(…)、ランカちゃんは応援したくなりますね!

・納豆
・ダイナム
・バルキリー
・開拓建機
・ダルマ
(順不同…忘れてます)

ダルマで、ランカちゃんがこけて徳川さんが助けようとしていたシーンがあって良かった。
娘々飯店はリハ風景のみ。

ダルマに合わせて扱かれるアルトさん。
カナリアさんミハエル、いいぞもっとやってください。

愛の鞭ですよ?(棒読み

でも、
シャワーシーンはいらねえぇぇぇぇぇ!

『いつになったらメサイアに乗れるんだ』
…お子様め(笑)
しかしこの時の、アルトさんバッグの持ち方が…キモくないですか?
私だけなんでしょうか。

待ち伏せランカちゃん
(荒井(松任谷)由実さんの曲が浮かんだのは私だけでしょうか…)

アルトさんの姿を認めるとどんどん逃げていく。

アルトさんはミハエルに背中を押されて漸く追い掛ける。
…高校生男子とゆーより女子みたい。
『ほら、早くいきなよアル子ー。ラン太くんにちゃんと誤解ときなよっ』
…ダメですね、自分。


くどくど言い訳するアル子アルトさん

このやりとりからすると、通常は毎日メールやり取りするよーな仲なんだなあとか。

最強タイアップ

ファミマの店内にアルトさんを誘導したランカちゃん。
深夜じゃん。
こんな時間に女の子がふらふら出歩くんじゃありませんっ。

ファミリーマートコスモス
菅野さん本領発揮!
まだファミマ行けてないので近いうちに…。
CD買いたくなりました♪

『アルトくんのおかげだよっ』
『おめでとう』
…詳細が記憶にないですがこんな感じ?

シェリルさんの電光掲示板(?)

ドキッとするアルトさんとランカちゃん。

劣等感を抱いたランカちゃんをアルトさんが宥めてた?
…ヤバイここらは記憶に残ってません。


路面電車での二人

『ねぇ、アルト君。シェリルさんのこと、どう思う…?』
思い切って訊ねるランカちゃん。
それに対して、
『あいつは、プロだな』
アルトさんがシェリルさんの『芸人(ショー・マン)』としての姿勢、そして『無邪気な面もあって…』

アルトさんそれは『ツンデレ萌え』を自ら告白しているようにしか聞こえませんよ?

『あいつは…普段プロのくせに、プライベートでは…そう、言ってみれば究極の『ツンデレ』、まさしく至高の、究極のツンデレなんだぜ。普段はSでもきっと中身はMなんだ…!』
『遠いね…アルト君(ついていけないよ)』


そういう解釈しそうになりましたが。

ここで、アルトさんが今まで目を背けていた『歌舞伎から逃げた訳』をランカちゃんに語りだす。
…なんでこういうシーンが本編中になかったのか。
恐らく、描こうと思ってたけど尺の都合で描けなかったんですね、きっと。
此所で初めてアルトは『自分自身』と向き合うことが出来たな、と感じましたが。

『アルト君は、アルト君だよ』
好きな人だから、というより、ランカちゃんの母性を感じました。
ここでも凄い成長ですよね。
劇場版で、また今だからこそ描けた『ランカちゃんの成長』。
それだけでも凄く嬉しく感じました。

…時系列、こんがらがってきました。

続きはまた今度ーー!

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。