スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニバーサル・バニー販売の経緯について

妄想してみました。

劇場版のアフター妄想、激しくネタばれてます。
相変わらずアホネタも良いところです。

ところで。
アルトさんが不幸なのはうちのデフォなので、それが許せる寛大な方のみどうぞ。

「…ちょっと、こんなに払えないわよ。なによこれ当初の額の10倍以上じゃないっ」
VEGAの『カード使用明細書』を受け取ったシェリルは、SMSに直接直談判に出かけていた。
「ふっ。カードは預かってる。支払い拒否権はないぜ、妖精さん」
しかしあっさり某隊隊長に拒否される。
「何よっ。フロンティア政府にも少し出させなさいよっ」
今度はたまたま顔を出していた、補佐官に文句を言うと、
「申し訳ありません。復興資金で手一杯でとても…」
やんわりと拒否され、シェリルは激怒する。
「なんでよっ!キノコ頭のくせにっ」
「(カッチーン)なんですと!?…とにかく、SMSはあくまで民間企業です。あなたの一存で民間企業を雇ったに過ぎないのですから、フロンティア政府は関与できません」
「うわーん。どうしよう、グレイスっ。助けて~」
「…そうね。なんでもする?」
「する!するわ、なんでも言うこと聞くから!」
「なんでも…(鼻血ブー)」
「きゃあ、グレイスどうしたの!?」
「このボディもメンテが必要のようね…とりあえず、まずは印税を稼ぐ手段を考えましょう」
「そうね、ここに来て一曲書き下ろした曲があるからシングルで…」
「それじゃ駄目よ。とうてい追いつかないわ」
「じゃあ、どうすればいいの?」
「そうね、とりあえず…もう完売しちゃった『Pink Monsoon』辺りを再収録してミニアルバムを出しましょうか」
「え」
「だってぇ、あれはギャラクシー内でしか殆ど販売されなかったから、他の船団から再版リクエスト大量に来ているのよ?知っているでしょう?」
「でも…」
「あ、そういえば『永遠』もあったわね」
「だってあれは」
「それと『ギラギラサマー(^ω^)ノ』も入れましょ。あれはCMでタイアップして結構売れたし」
「何でさっきからそんなしょっぱいものばっかり…!」
「仕方ないじゃない。取りあえずこれで何とか稼ぎましょ。うちだってメインランドが壊滅して事務所再建する目処、たってないのよ?」
「う…」

――こうして『ユニバーサル・バニー』は発売され、全銀河で爆発的大ヒット。

ライブも積極的に開催され、シェリルはまた新規ファンも開拓し、ますます銀河トップアイドルの座を不動の物とした…。

『お金がもっとあったらいいのにな~』


「シェリルさん、あたしも協力します!」
フロンティアの超時空シンデレラ・ランカがそう申し出たが。
「ありがとうランカちゃん。でも(到底追いつかないから)良いのよ…」
ランカはこれからもっともっと活躍の場を拡げるだろう。
それなのに借金の片棒を担がせるとなると、彼女の未来も潰しかねないのでシェリルはその申し出を拒んだ。
「シェリルさん…」
しゅんとうなだれるランカを押し退けるように、
「シェリル!」
駆け込んできたのはアルトだった。
「とりあえず、親父に頼んで早乙女家で100万枚CD買ったぜ!」
「え。そんな…どうして」
「暫くはSMSと歌舞伎と学生の三足のわらじになるが、シェリル。お前のために俺も頑張るから…」
「アルト」
「だから、一緒になってく」
(どっかーん)
「アルトォォォォォ~!?」
「アルト君!?」
何故かそこに、VF-27が現れ、
「…悪い。うっかり重量子砲が誤作動した」
「ブレラ?」
「え。ブレラってまさか…ブレラお兄ちゃん!?」
「そういうお前は…もしかしてランカか!?」
「そうだよ!お兄ちゃん!」
ひしっと抱き合う二人。
「ブレラとランカちゃんって兄妹だったの」
「ええ。まさかこんなところで再会できるなんて」
「良かったわね」
「良かった。お兄ちゃん。そしてナイスフォローをありがとう…!」
「なんのことだ?あれは事故だ」
「…とりあえず、これでなんとかなりそうだわ」
「良かったね。これもアルト君のお陰だよ。アルト君、お星さまになってもあたしとシェリルさんを見守っててね」
「ありがとう、アルト…」

おしまい




……劇場版妄想第1号がこれって。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい


■ Comment

果報者の末路?

おこんばんはー。
ふふふふふ、この仕打ちはぶちょブログの「会えないとき」コメントも影響しているね?(笑)
まぁ、あんだけ本編でシェリルさんに愛されてるから、これくらいの仕打ち(仕打ちか?)もいいかもしんない?
それにしても…本編のシェリルさんはアルトさん好きすぎますよね。羨ましいっすよね。アルシェリストの自分もヤキモチ焼いちゃうぜ!!

…お互い、原稿やら諸々私生活が一段落したら映画館にぜひとも泊まり込みしましょう!(それは無理でも連日行きたいですよね♪)
あー…近所でやってくんないかなぁ~

では、原稿に戻ります。3日後からは合同本はじめますよーん♪(わはは)

果報者ですよね!

> ふふふふふ、この仕打ちはぶちょブログの「会えないとき」コメントも影響しているね?(笑)
はい、May'nちゃんのコメント読んで…いやーーー!!!となりました(ゑ

> それにしても…本編のシェリルさんはアルトさん好きすぎますよね。羨ましいっすよね。アルシェリストの自分もヤキモチ焼いちゃうぜ!!

なんでTV本編も劇場版もああまでシェリルさんはアルトさんのこと、好きなんでしょう。
劇場版なら、どうも幼い頃会っているみたいだから、シェリルさんにとっては初恋?みたいな雰囲気だったのでなるほど~と初めて納得しました。が。が。
うう、もういいよ、シェリルさんが幸せなら何でもいいよ!
という気持ちですね(笑)

ではでは、お互い頑張りましょう~!
非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。