スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒濤の劇場終盤感想

印象だけ。
細かいことは省きます。

…記憶は曖昧だわ、時間はない話ですが。
とりあえずこれだけは叫ばせて~~~!!!
ということだけ。
えーと、本当はちゃんと順番通りに書きたかったのですが。
また三回目観てきたら書きたいです(ゑ

イミフな言動ばかりですが、よろしければ続きからどうぞ。




ありがとう眉毛監督、よっちんさん、そして江端ままはじめスタッフの皆さん、
菅野よう子大先生、May'nちゃん、まめぐちゃん…!!!!

エンディングの『そうだよ』は、ランシェリソングに聞こえましたが私だけですか、そうですか(まめぐちゃん自身も『アルト君に伝わって欲しい』て言ってたしね…)

終盤は本当に、シェリルさんの漢気に圧倒され、ランカちゃんの健気さにうるっとさせられ(どうしてTV本編では以下略)、
オズマの格好良さと、
戦闘シーンに圧巻でした。

6話のように、アルトさんがシェリルさんにイヤリングを返却しようとするシーンは色々辛かったです。
モチーフはTV本編でしょうが、そこに至るまでの感情は…。
それにしても、なんでアルトさんあそこに入れたんでしょうか。
グレイスさんが手引きした訳じゃないでしょうし、シェリルさんはあんなこと(!)があったから、警備の人に話を通していることはないと思うのですが。

謎ですが。
『お前はもう、ひとりぼっちなんかじゃない!』
あー、この台詞はシェリルさんに向けてだったのか…。
『あたしがひとりぼっちの訳ないでしょう!』
そう返すシェリルさんがまた切ない。

…でも。これだけは言わせて欲しい。
髪をアップにしたシェリルさんのうなじは和服姿以上に破壊力が有りました。
鼻血出そうになりました。
特に後ろ姿ーーー!
あの服装も素敵!
(それかよ)

そして乱入(?)するグレイスさん。
きっと『うちのシェリルを泣かせておいて何ホザイテンだオリャァ』
だったと思いますが(…)
そこでSMSのリー少佐と、キャシー中尉の登場。
…アルトさんの後つけて侵入したの?
ここで明かされる(?)ギャラクシーご一行様の陰謀とか。
しかし、グレイス・オボヌワ(?)大佐ですか?
フルネーム聞き取れませんでした。
小説にあったかな…?

しかし、シェリルさんが知っていたのは
『フロンティア政府はバジュラの星の資源を独占するため、それを狙っている』
という噂。
『だから(資源が枯渇しているくらい)フロンティアはもっと酷いところだと思ってた…』
これはグレイスさんから聞かされたと言うより彼女の周りの人物(芸能界とか色々)で、実際に噂になっていたんでしょう。
そういう風に吹き込まれていただけ、かもしれませんが。
劇場版では『バジュラの星』の存在は確定していて、それを巡って多くの船団が駆け引きしているようですね。
そのトップ争いがフロンティアとギャラクシー?
他にも近い船団はいるようですが。

そして。
カードでSMSをお買い上げ~♪
一億二千万クレジット、というお金の単位が良く分かりませんがこれはあくまで『クォーターが出撃するためだけの最低金額』だそうなので、
実際出撃してオプション使ったりミサイル一発ぶっ放すだけでさらに加算されるようですが。
(これに関して書いた馬鹿話はこちら

『何よ!文句有る!?』
ありませぇぇぇぇん!!!
サー!イェッサー!!

ところで、この前にあった艦長の『古傷が疼くんだよ』は、何のオマージュでしょうか?
最近は愛おぼと、ZEROは見返してましたが…『超時空要塞マクロス』からでしょうか、やはり。

戦闘シーンは凄すぎます。
もううわあーとか、うぉぉおおお、とかそれしか言えません。

ところで。
フォールドクォーツをコクピットに付けて出撃するアルトさん。
…初陣だってのに、25話以上に活躍してませんか?
しかも、バジュラ母艦にそのまま突っ込んでくのは正直どうか、と…。

で。
シェリルさんの歌とランカちゃんの想いが共鳴することによって、フォールドクォーツにもその歌声が届き…。
その状態でアルトさんがバジュラ母艦に乗り込んでいた物だから、そのフォールド波によってバジュラはランカちゃんやシェリルさんの傍にフォールドすることが出来たんじゃないか、と思いましたが。
つまり結果的にフロンティア至近距離にバジュラを誘導したのは、アルトさんじゃねぇ?
と、感じたのは私だけでしょうか。

で。
ランカちゃんの回想シーン。
ランシェ(ママ)の
『逃げるのよランカ!バジュラはあなたを狙っているのかも知れないわ』(こんな感じ?)
が唐突に感じました。
そして隣でほったらかし(?)にされかけたブレラが不憫に…。
そこで、『バジュラの狙いがあたしなら』と、叫びながら駆け出すランカちゃん。
この時の叫びは、色々な想いが込められた凄い良い演技だったと感じます。
追い詰められて捕らえられるランカ。
それを知って、
『あたしの歌も少しはバジュラにきくはず』
と、シェリルさんがランカを救うためにも(アルトさんを助けるためでもあるんでしょうが)歌い出すのが、オベリスク。

…走りながら歌い出すのは本当、シェリルさんや余程の人でないと出来ないですよ…!
この時のシェリルさんの覚悟。
TV本編と違って、既に色々知っているんでしょうね…。
自分が既にV型感染症に罹患していることとか。
ただ、今はランカとアルトを助けたい。
その為に歌いたい、ということだったんでしょうか。

オベリスク……!!!
うおおおおおおおおおおおおおお劇場で初めて聴いたのですが、良かったーーー!!

シェリルさんが駆け出しながら歌い出すシーンは本当に泣けました。
バジュラ体内に囚われたランカ、それを救出しようとするアルトはZEROのシーンですよね?
でもって、グレイスさんがぐっ!と微笑んで、シェリルさんがそれに応えて微笑んだとき。

うーわー。
ま、また騙されてる…と私も思いましたよ…!!
ね、K様。
だってGさんがいい人、ていうのは絶対にあり得ないから!
ただ、もしかしたら感情記憶を消していなくて最初からある程度シェリルさんに打ち明けていて、その上で彼女に協力を取り付けていたとしたら。
あり得なくもないですが。
ただ、Gさんの『目的』が変わるとは…思えないんですけど。
けど。
けど……。

あ、あれか!
劇場版では『シェリルさんと一緒に幸せになること』が最終目的なんだねGさん…!!そうかそれなら納得ですよ!
ブレさんがシェリルさんの傍にいるのを許しているのも、ブレさんの記憶も感情も一切排除しているからなんですよね?
『可愛いシェリルに余計な蟲をつけてたまるかオラァ』で、傍にいるのも近付くのもTV本編では赦していませんでしたよね?
じゃあやはり後編では…排除しにかかるのかな…。
あの草原デートは、最後の思い出に赦してあげた、ということでしょうか(ゑ

あーもうここは感情が先に立って冷静に書けないです。
3回目観たときは…!

そして、オベリスクからライオンへの流れ。
これは『ライオン』は既にシングルで出していたのを、ランカちゃんも(耳タコくらいリピートで聴いていて)聴いていたから一緒に歌えた、というように解釈して良いのでしょうか。
TV本編の25話、あれは『フォールド細菌ネットによって同期されていた』状態、だと理解していましたが劇場版ではそこまでまだいってないように見えたので。

そして戦闘シーンは凄かった。
細かい描写は覚えてませんが、もう凄いとしか言いようがないです。
PLUSの劇場版もそんな感じだったのかな?

カナリアさんのケーニッヒのノーズアート!
ほっすい~~(笑)

色々満身創痍のクォーター。
(正規軍は何やってるんだろう)
そして、何よりびっくりしたのが。

ボビーさんのバンダナの秘密。

か、かっこいい…!!
姐さん、惚れた…(ゑ

シェリルさんとランカちゃんのステージに着陸するブレラ機、オズマ機、アルト機。
『SCULL4よりANTARES1へ。貴官の援護に感謝する』
『当然のことをしたまでだ』
嘘くせぇぇぇぇっ~~~~~~~~~~!!

何その笑顔!!!!
きもいよ~~。こわいよ~~。
あー。
ブレラさんはTV本編では思いっきり素直に(?)アルトのこと嫌ってたけど、劇場版本編ではいい人と見せかけてカンジンのとこで裏切って精神的ダメージを植え付ける気満々だね…?
(グレイスさんのコントロール?)
きっと、後編ではアルトさんの目の前でシェリルさんをかっ攫うんだね?


そして(小説設定で言うならば)、気象コントロール装置に異常をきたし、雪が降り出したフロンティア。

あああああ。
もう何も言えません…。

くしゅん、と小さなくしゃみ。
そして、
『ありがとう。あたしはひとりぼっちじゃないってわかったから』
真逆の意味に聞こえました。

独りだけど、それに目を背けて歌っていた。
でもあたしは所詮独りだから。そして覚悟がついたから。

そう言う意味に感じちゃったのですが…。
ネガティブがもうデフォルトになってますか、自分。
頬で溶ける雪は、泣けないシェリルさんに代わって流された涙にしか見えませんし。

そしてランカちゃんの歌う『そうだよ』
…やはり自分にはランシェリソングなんですが。
違うのか…残念(ゑ

予告。
…色々あるし。
あてにしちゃあいけないとわかってますが。

…ファイアーバルキリー?
まさか、あの人が来ちゃう?
では後編はシェリルさんがあの人と共に歌ってそのままサヨナラってこと…?
あの花嫁衣装はそのため???
とか。

ま。
Fでそれやったら暴動が起きると思いますが。
寧ろ7は別作品なんだから、同時上映で一本作ってしまえと言いたい(スタッフ死ぬかも)。



非常に長くなりましたが、3回目観たらまたちょこちょこ書き直します。
さ、べんきょしよ。

テーマ : マクロスF
ジャンル : アニメ・コミック

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。