スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女たちの『ストレス解消法』

2059シリーズでふ。

2059シリーズって何?という方はまずこちらの傾向と対策をお読みくださいませ。
純粋な乙女は読まない方が精神衛生上よろしいかと思います~。
あ、下ネタではないです。ただあまりにキャラがおかしいので。
(この話に限らず全部そうですが)



彼女たちの『ストレス解消法』

――今日は出演者のみなさまにストレス解消法を伺います。ではまず、主役のシェリルさんから。

「ストレス解消法?うーん、ストレス自体そんなに感じたことないのよね」
――そうですか?でも、劇場版完結編を心待ちにしているファンは辛いと思いますので(笑)何か参考ご意見を。
「うーん、そうねぇ…私の経験じゃないんだけど、良いかしら?」
――お願いします。
「お酒飲んで寝るんですって」
――はあ。
「ショーチューの大瓶を2、3本カックラウ?といいらしいわよ」
――あの、女性らしいのを…。
「女性からの意見なんだけど、ダメ?」
――ファンの夢が壊れますので(ここはオフレコだな)。

「じゃあ…やっぱりお風呂ね」
――前編では入浴シーンがありましたね。
「1日の終わりにゆっくり入るお風呂はサイコーよ。あ、思い出したわ」
――他にあります?
「最近、ランカちゃんに貰ったオオサンショウウオさん()ぬいぐるみ。おっきいんだけど、ぎゅっとすると気持ち良いのよ」
――ぎゅっ、ですか…。
「ええ。ぎゅっ、と抱っこすると気持ち良いの。パウダービーズクッション?ていうらしいわ」
――(…俺もオオサンショウウオさんになりたい)有り難うございました。
「ドウイタシマシテ」

――では次は、ランカさん。
「…(はうあ。私もオオサンショウウオさんになりたいっ。着ぐるみ着てシェリルさんの控え室に転がってれば良いのかな?)」
――ランカさん?どうしました?
「…(ああでもいっそシェリルさんのホテルのベッドの中に…モフモフって…ああんw)」
「大丈夫?ランカちゃん?」
「は、はあぁっ!?大丈夫ですっ!」
「…お前、よっぽど疲れてるんだな。涎垂らしたまま寝てたぞ。そんなに疲れてるなら早く帰って(どげし)」
(アルト、ランカの頭突きを顎に喰らって黙り込む)
「ううううっさいっ…あ、シェリルさんごめんなさい。心配かけて」
「ほんとに大丈夫?」
「は、はいっ」
――では、インタビューよろしいでしょうか。
「は、はいっ。よろしくお願いしますっ…っ」
(マイクに額をごんっ)
「いたぁ…」
「ランカちゃん、はい冷え○タ」
「あああ、有り難うございます~はうーん」
「よしよし」
(ランカはぐりぐりとシェリルの胸に顔を押しあてる)
――…(いいなあ)
「くっ…羨ましいぞ…モフモフっ…」
――…早乙女さん何か言いました?
「別に」
(アルト、顔を背けて)
――まあ、ではランカさんが落ち着くのを待ちたいので、先に早乙女さんのインタビュー片付けて良いですか?
「片付けてって…」
――まあぶっちゃけ、あまり皆さん興味ないと思うんですよね。
「ちょっ…俺、劇場版っはちゃんと主役っ…」
――もう時効です。じゃあちゃっちゃと答えてください。
「あー。ストレス解消法、ね。えーと」
――早乙女さんは無趣味、と。
「待てよ!まだ何も言ってないだろう!」
――はいはい。では手際よくお願いします。
「まあ…もふもふ、かな」
――はぁ?
「あ、いや。撮影の合間にボビーさんと一緒に、シェリルが和装した時、彼女の髪、結ったの俺なんだぜ」
――……。
「あの、ふわふわのピンクの髪。触ると気持ちいいんだよな。あれ以来、時々彼女の髪を結うの、やらせてもらってるんだよな。あの感触が最高に気持ちいいんだよな。こう…」
(アルトさん、両手が怪しい手つきです)
――早乙女さんの趣味は、『妄想』、っと…。
「おい!ほんとなんだって!」
――あ、ランカさん、準備できました?なら、インタビューさせて頂きますね。
「はいw(ちょーしこいてんじゃねーよポニテ野郎)」
――では、お願いします。
「えっと。シェリルさんと…早乙女君のを足した感じ?でしょうか」
――というと?
「うちに、おっきな等身大のお人形があるんですよね。それをもふもふしたりw」
――ぬいぐるみですか。
「ええ。2コあるんです。1コはシェリルさんとお揃いのオオサンショウウオさんですw」
――なるほど。
「で、もう一個のは、主にひっぱってストレス解消♪ですね」
――引っ張る?どんな感じですか?
「スターライト納豆の宣伝の時に着せて頂いた、納豆の着ぐるみなんですけど。あれに綿とか詰めて人形にしたんです」
――ほう。
「あれ、凄いんですよ。表面は藁で出来てて。ちょっと屑が出ちゃうのが難点ですが」
――藁、ですからね。しかしホント、あの着ぐるみ拘りの品だったんですね。まさか本当に藁を使っているなんて。
「ですよねー。でもお陰様で、腹部はぼこぼこ殴れるし、頭の後ろに馬のしっぽを付けたんですよね。強く引っ張りすぎて、時々首ごともげるんですが。それもまた楽しいんですよ」
――そうですか。

数週間後。
このインタビューの放映直後、発売された新商品《THE 藁☆WARA君 ポニーテール付き》(藁人形にポニーテールが生えた形状)は、全銀河系で爆発的大ヒット商品となったとか。

おしまい



2059シリーズでは、シェリルさんはアルトさんに興味ありません。髪を弄らせているのは単に『元女形だからそれも趣味なのよね』ぐらいの認識です(ひでえ


ところで、こういう話とこういうシリーズも書いてますが。
多分同一人物です。

時々自分が一番信じられませんよはははははは

テーマ : マクロスF
ジャンル : アニメ・コミック

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。