スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Passant

タイトルがなかなか決まらなかったので…。
もしかしたらまた変わるかもしれませぬ。

あ”-、おバカ話のネタがあるのに纏まらないっっ。
いつもながら苦情は拍手でお願いします。




Passant




 ――あのまま、行かせるべきではなかったと何度後悔しただろう。そして、あの”事故”。

「大丈夫に決まってるでしょ。私は”銀河の妖精”だもの。銀河に愛されている妖精が、銀河で事故るわけないじゃない」
 出発前、心配するランカやアルトにそう、笑っていたというのに。
 ――愛されているからこそ、奪われるのではないか、と。
 だが、あの事故の直後、ランカは言った。

「シェリルさんは、生きてるよ。だって…わかるもん」
 彼女たちを結ぶネットワークは未だ繋がっている。だがそれが、事故の知らせを受ける前、極端に弱くなったとランカは告げた。
 新統合軍や新地球連邦政府を初め、ほかの船団も彼女の行方を追っていたが、半年間、何の成果も得られず、捜索を打ち切った。
 ランカ自身が何度も捜索に行く、と訴えていたが、今はまだ赦されるはずがない。
 そして、アルトにもSMSの任務があり、動けずにいたが、SMSの本分でもある船団間の運送業務について、その傍ら彼女の手がかりがないかと探していた。

 そして彼女は生きていた。しかも、名を、姿も変えて。それを発見したのはまたしても兄弟子、矢三郎だった。
(何の因果だろうな)
 表向き、全く浮いた噂のない兄弟子だが、嘗ての親友同様、色恋方面には要領が良く、割り切った相手としか付き合っていないことを知っている。そんな彼が、いつかアルトに告げた。
「シェリルさんは、早乙女家にふさわしいと思います」
「……」
「例えあなたが、彼女に選ばれなかったとしても、私はあの方を迎え入れるつもりでした。…といっても、彼女から断られてしまいましたが」
「それって」
「…久しぶりに、ふられてしまいましたよ」
 そう、軽く言って兄弟子は笑ったが。
 ――兄さんも、本気だったというわけか。
 意外に思ったが、後から納得した。だが、今回、彼は未だにシェリルと接触していない、という。そして、アルトがそちらに向かうのを渋っていた。
 それが意味するところは、なんだというのか。


 思考がやや停止しかけたところで、
『SCULL4、応答してください』
「あ、はっ、こちらSCULL4」
『何してる、アルト』
「クラン大尉」
 オペレータの声と、クランの声で我に返った。

『行くぞ。…こちらSMS所属、SKUL2並びに4、発進許可を願いたい』
『OK、SKUL2、4。グッドラック』
「サンキュー」
 クランの先導に、アルトは続く。
 ここから7まで、フォールドしなくても3時間。だが、その時間すら永遠のように長く感じられた。


「…まさか、と思ったけど」
 端末に浮かぶ映像を見つめ、アギレイは呟く。
 アングラネットでわずかしか流れなかった映像。すぐ消されたらしいが、アギレイはたまたまこの映像を手に入れ、ローカルに保存していた。
 そこにあるのは、壊滅しかけたフロンティアの、小さなライブハウスで歌う、シェリル・ノームの姿。かつて全銀河を席巻し、人々を熱狂させ、興奮の坩堝に叩き込んた”銀河の妖精”としてではなく、そこには傷ついた人々を癒すため、天上から舞い降りた天使がいた。グラマラスな肢体はやつれ、彼女自身もこの時は病で苦しんでいたことが見て取れる程、細くなっていた身体。

 アギレイはその映像をコピーし、その髪型をいじってみる。
(ビンゴ)
 グレイたちが気づかないのも無理はないだろう。彼らが好きなのは、”銀河の妖精”シェリル・ノームなのだから。
 この時に歌われた曲は殆ど即興で作られ、ヒットナンバーは版権の都合上歌っていないという。また、この時の曲も、復帰してからは殆ど歌わないと聞いた。
「明日のライブで歌うとしたら…」
 恐らく彼女は”シェリル・ノーム”の曲でも知名度の低い、この時の曲を選ぶだろうと思われた。
 だが、どうして、事故死を装い、姿を変えてまでここで歌っているのだろうか。グレイの話だと”バサラを探すため”旅を続けている、と言ったらしいが。
「…さて、どうしてくれようかしらね」
 アギレイは一人ごち、立ち上がった。





テーマ : マクロスF
ジャンル : アニメ・コミック

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。