スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんそーです。(6話、7話)

実は前半では一番好きな回です。
最高に盛り上がりましたね!!

シェリルさんのプロ根性にひたすら感服。
6,7話


6話「バイバイ・シェリル」
スカウトされ、オズマ兄を説得するランカとエルモさん。
正直エルモさんってうさんくさいと思いましたが(を
オズマ兄ちゃんの背後にある狸の置物がかわええ(は?)

リハに打ち込む、シェリル。
ギャラクシーに対して複雑な想いがあるでしょうが、この時は心から「帰れる」ことを喜んでいたのかも知れないな、と感じました。

そして、シェリルとのデートをミシェルにからかわれるアルトさん。
あげくにランカとの関係も聞かれ、どうしていいか困惑しているのは正直なんなのかなー、と。
でもしょうがないのかね。
恋だ愛だというよりSMSに入隊したばかりであっぷあっぷだったし、自分以外のことを考える余裕もなかっただろうし。

ランカファンクラブ結成。
突っ込まなくても良いところを突っ込むKYアルト。「親とか兄なんてのは はなから無視すれば良いんだ」
…どこの中学生だ。
…お兄ちゃんも怖いけどナナセ怖いよ…。
「打倒シェリル!!」
ってなんでそこまで。現代で言えば「打倒マドンナ!」ぐらいの勢いだと思うんですが。
にしてもあのテーブル楽しいな。

ギャラクシー襲撃を知るシェリル。
…痛々しいです。
そして描かれていないけど、ツアーのスタッフも現地採用だけでなく、ギャラクシーからの人たちが多数いるわけですが、彼らもどうなったのかと。
グレイスは優れたマネージャーだからほぼ一人でなんでもやっているでしょうけど、サブになる人もいたよね?
いないのかな。


人の話を聞かないで紙飛行機折っているアルトと、「ごめんね」というランカ。あー、いたたたたた…。
ここのやりとりがまじで;

にしても、シェリルとその場にいたこと、なんでアルトは隠したのか…。
そんなに八方美人でいたいのか。
というより、ランカの前では演技し続けていたかったのかと。

「ばかめ」うん、ミシェルの言うことは(対アルト)全て正しい。
…ミシェルの口からばれる、ということも考えなかったのか…。
そしてショックを受けるランカ。
…十数年前の少女漫画な展開にはついて行けません。
ここらだけ観るとこの二人って本当お似合い(ゑ

猫の鈴、なキャシー。
この人選はいまだに謎なんですが。

そしてオズマの電話。
成人が十七歳、てことにびっくりです。

特例B項
怖いかも。軍と同等の扱いに組み込まれるわけですね。

シェリル会見
もう駄目だ…こっからはもう、シェリルが愛おしくって仕方ないです。
「あたしはギャラクシーに帰る!」
…この会見、ランカちゃんただぼーっとして観ていたよね。
プロとして歌手である、ということはどういうことか。どうしてここから何も感じ取ることが出来なかったのかなと。
(ここで何か感じていたら21話のアレはないわけですが)

イヤリングを届けに走るアルト
…どうしてもっと早くに;

開かれる戦端
襲われたギャラクシー所属の艦隊の選別をグレイス達がやっていたかと思うと…。
あれ?キャシーさんは管制官なんですか?

シェリルとアルト
「他の人には内緒よ」って…アルトごとき相手にどうしてですか、シェリルさん。
「都市宇宙船そのものが嫌だ」(←生まれ故郷全否定。中学生以下にはありがちな思考回路)
「ここには空がない」
「らしい答えね」
ちょっとばかり、このやりとり、シェリルさん呆れてます?
「俺はパイロットなんだ」
…また自己陶酔か…。
「貸すだけだからね!!」
もうこのツンデレッぷりが(涙
友人、と呼べる存在が戦争に赴くのはシェリルさんにとっても初めての経験なんだろう、と…。
だからこの時点では未だあれだね、友情だよね、うん。

オズマとキャシー
もう既に痴話げんかv

ダイヤモンドクレバス
この時も良いですね…!ていうか、まさしく妖精…!!!
そして曲をバックに語られる、オズマの決意。
イヤリングを見つめるアルトの表情が好きなんですが。
…ところでなんでランカちゃんは遅刻したんでしょうか。


7話「ファースト・アタック」
既に戦ってはいたけれど、フロンティア(というか人類?)側からの攻撃は初めてですもんね。
でも考えてみれば、もともとバジュラの縄張りの中に突っ込んでいったのだから排除しようとして攻撃されてるんだよね…そこにどうして気付かなかったかなぁ、と。

シェリルのライブ
シェリルライブのDVDほんっとーに出して欲しい。

ドッグファイト
「俺の尻の匂いが嗅げる位置から絶対に離れるなよ」(オズマ→アルト)
でもこの台詞はオズマだから許される。
「私が見えないからと言って、また泣くんじゃないぞ」(クラン→ミシェル)
対象は違えど、同じような感情に思えました。

アルト君初実戦でどきどき☆の巻
ミシェルも凄いし、何よりもカナリアのケーリッヒモンスター!!
本当は3人で操縦するモンなんですか?
それを一人で乗りこなすカナリア、膂力もだけど技術も相当。
それでいて医者なんですよね…。
「死にたくなければ私の視界から去れ!!」
惚れるぜママン…!!
…ま、見惚れているのも仕方ないかな、アルト君。

ライブの合間のシェリルとグレイス。
…盗聴ってすごいよグレイス。
後々から実は…てわかりましたが。
「パイロットの仕事が戦うことなら、あたしの仕事は歌うことよ」
…だよね。
もう言葉にならないです…!(ばか)

目の前で轟沈するカイタス
…これはもう…。

喰われるルカ
何でこの時撃たれずに飲み込まれたんでしょう?
教えて偉い人。

「泣くわけないでしょ!このあたしが!!」
…ああ、もう(うるさいよ
「あなたにも歌って欲しいの」
…ごめん正直いらな…。

突っ込む馬鹿アルト
いや、あの、さ…。
まあ、そうしないとお話が進まない、てのもありますが~。うーん、うーん。
キャシーさんの意見の方に一票ですよ。
ていうか止めろよ…。

格闘戦
出た!マクロス!!!トランスフォーメーション!!
いやーんここのくだりは一番盛り上がります!!!!
そしてボビーさんがおっとこまえ!!
ルカ救出へ向かうアルト。
…助かったから良かったものの。
しかし、なんでやられなかったんだろう。

イヤリングを通して伝わる歌
…この時はシェリルボイスだけでいいと思った…。
(25話のメドレーは好きですが!なんか…ねえ。中島愛ちゃん、後半急激に上手くなっているのは良いんですが、その分前半がつらいんです)
でもってイヤリング!!
わすれんなよぼけーーー!!
小説ではお守りの袋に入れてあったのに…命に替えても守りやがれ!

「アルト准尉の行動に関しては後で問題に」
…うん、軍だったら確実に命令違反で軍法会議ものだよね。
「だがよくやった」
…結果良ければ全て良し、でいいのか…。

ブレラ(この時は名前不明か)のハーモニカ
…ええと、もう何回か見返しているんですが、なんでこの時ここにいたんだろう…どなたか説明して下さい。

次は8話vv
個人的に好きなお話なので、もっと軽く書きたいと思います。

テーマ : マクロスF
ジャンル : アニメ・コミック

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。