スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスフロンティア2059

…すっごく長くなりそうです。

とりあえずマクロスフロンティア2059シリーズその①

グレイスさんの野望編。
娘ドラ3の「ギャラクシー・メモリー」のネタバレ含みます。





「ここから始まるんだね!」

「はい、カットォォ!」
「クランクアップです!皆さんお疲れさまでした!」
カチンコと掛け声で、思わずランカはしゃがみこんだ。
「大丈夫?ランカちゃん」
シェリルが問いかけ、再びランカはシェリルに抱き付いてきた。
「良かった…シェリルさん」
「ランカちゃん…」
「だって…本当にシェリルさん、死んじゃうかと」
「いやねランカちゃん。お芝居じゃない」
「でも…」
シェリルはずっと泣き続けるランカを抱き締める。

それを優しく見守っていたクラン。
「クラン!」
呼ぶ声に振り向けば、
「ミシェル!」
ネネの手から滑り降り、ミシェルに抱き付いた。
「バカ…バカ…!」
「い、痛てぇよ、クラン。まだ肋骨が」
「す、すまない」
ミシェルはバジュラロボとの戦いの際、実際に負傷、大量に出血していたのでそのまま死んだことにされ、クラン達より先にクランクアップしていたのだ。
あのシーンで互いの愛を確認した二人は婚約したが、ドラマが終わるまでは会うことを禁じられていた。
「良かった…ミシェル」
「泣くなよ。俺がお前を遺して逝くわけないだろ」
「ミシェル」
彼らの他に艦長とモニカ、オズマとキャシーも婚約した。ドラマ撮影中にカップルがいくつも誕生しているが、一応『公然の秘密』というもので。

「お嬢さんたち。このままインタビューがあるからメーク直しちゃいましょ」
「はーい」
ボビー達スタイリスト担当スタッフがやってくる。
ボビーは現在、メーキャップアーティストを引退し、役柄と同じSMSの航宙士だが、今回のドラマに限りメーキャップアーティストとしても参加している。
その理由が、
「だって憧れのオズマ様が出演されるんだもん!」
というもので。

そして、
「お疲れさま。シェリル」
「グレイス!」
いつものスーツ姿に戻ったグレイスが歩み寄ってくる。
シェリルは椅子から立ち上がると、一目散にグレイスに駆け寄った。
「ばか…ばか…本当に、いなくなっちゃったかと思ったじゃない…」
「ばかね。お芝居でしょう。でも、貴女の演技本当に素晴らしかったわ」
「グレイスこそ…だって、あたし本当に」
グレイスの胸元に顔を埋めて静かにシェリルは泣き続けた。
芝居だとわかってはいたが、あんな想いはもうしたくない。
「シェリル」
グレイスは彼女の名を呼び、顔を上向かせた。
「さ、仕事よ。その前にお化粧を直しましょ」
「そうね」
シェリルは不敵に笑ってみせる。
「シェリルさーん!」
ランカの呼び声に、「今行くわ」そう答えてシェリルは駆け出す。
その後ろ姿を見つめ、グレイスは安堵の息を吐いた。
(うまくいったわ。そう、ここから始まるのよ…)
『銀河を一つに』
その妄想に囚われたこの数十年は、苦痛だった。だがその時はそれしか考えられずにいて、邪魔な他の人格も受け入れていたが。

シェリルに出会った。
それはまるでモノクロの世界が突然フルカラーに変わるような、新鮮な歓び。あの、小さくてやせっぽちの手を取った時から、世界は変わった。
だが。
計画を全て投げ出すには、障害が多すぎた。

だから。
あの、ギャラクシーを出発する直前に、ボディを全て換装し、今までのボディは保存した。
シェリルと10年過ごした家のように、想い出の染み付いた躰。そして、脳幹にも全ての記憶を留めておいた。

そして。
「記憶の書き換えを申請します」
そう告げたあの時から、新しい身体には、まっさらな感情が書き加えられ、そして「ドラマの撮影」は始まった。それが「芝居」だと他の人格に気付かれずに事を進めるのは容易ではなかったが、最後このボディを破壊する際、他の人格も全て巻き添えにしたことで、邪魔なモノは全て消し去った。
そして、直ぐに古いボディを起動、一部の記憶を移し、換装すべき箇所は数カ所あったが、漸くコレで只の「グレイス」として、シェリルの傍にいることが出来るのだ。
だが。
「…邪魔なモノは、排除しないとね」
グレイスは微笑み、眼鏡をかけ直した。





続きます。すみません;

テーマ : マクロスF
ジャンル : アニメ・コミック

■ Comment

リンクありがとうございます!

アニメ感想にしてもキャラへの解釈にしても、なんともRookさんと意見が被りますv 
同士vvvと勝手に思ってほくほく嬉しく拝見してます。
これからどうぞよろしくお願い申し上げます。

2059シリーズwww 
  娘ドラ3聴いてないんですよ(泣
   でも尚更続きが気になります! 
グレイスとシェリルの部分は、ドラ3聴いているといないとでは全然解釈が違うのでしょうね~~~。
 うーん、聴かなきゃやっぱり...。

娘ドラ3は是非!

いらっしゃいませ。
コメントも有り難うございます。
> アニメ感想にしてもキャラへの解釈にしても、なんともRookさんと意見が被りますv 
> 同士vvvと勝手に思ってほくほく嬉しく拝見してます。
同士ですか~。
勿体ないお言葉、有り難うございますv
こちらこそ、是非よろしくお願いします。

> 2059シリーズwww 
>   娘ドラ3聴いてないんですよ(泣
>    でも尚更続きが気になります! 

わあ。
いつにも増して馬鹿話&キャラ崩壊なんですが、
宜しいでしょうか…。
有り難うございます。
娘ドラ3の「ギャラクシー・メモリー」は是非。
グレイスさんの見方も変わりますが、それより
幼いシェリルさんのお歌やデビュー曲や、
ツンデレに悶絶します(どういう表現)ので、
是非オススメです!
1話の「アルトとシェリルとチャイナドレス」もバカップルぶりが堪能できますしv
非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。