スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突発的意味無しヤマ無し落ち無しGH小話

「ねぇねぇ、ナル、これ読める?」 楽しげに告げられて、指さされた文字は、 『難波』 「──なんば、だろう。確か地名だったと思うが」 数年前、嫌になるほど日本の地図を見続けたお陰で、地名だけは辛うじて読める。 彼女の方も分かっていたようで、 「うん、今はね」 と、あっさり頷いた。 だがすぐに、 「でも、古来──昔の読み方は違ったんだって」 「そう」 大学の一般教養科目で古典でも取っているのか。 目では手元のジャーナルを追いながら、適当に相槌を打つ。 彼女は構わず続けた。 「そもそもの読み方は、『ナルニハ』って言うんだって」 メモ用紙に書かれた『難波』の文字の上に、カタカナでそう書く。 「でね、この、『ナル』って部分の意味だけど」 こちらを向いて、微笑んだ。 「──古代の朝鮮語で、『太陽』なんだって」 本当に、嬉しそうだった。 「…奇遇だな」 「そうだね。でも、なんとなーく嬉しいよ。ナル、の名前はニックネームなんだろうけどさ。 良いよね」 「ただの偶然だろう」 「そうだけどさー」 ……楽しそうに漏れ聞こえる会話に、『ここは職場なんですが』という小言は出がけた吐息と共に飲み込んだ。 ここに、もう一人の事務職員が居れば、さっそくこの会話を録音するなりなんなりしたかもしれないが、自分にはそんな気力はない。 だが。 ──『太陽』。 混迷を続けた心霊研究の学会にとって、彼の存在はまさしくそれに当てはまるだろうが。 その彼を、現在照らしている存在は。 きっと、その傍らにいる彼女だろう。 開き掛けた扉を音を立てずに閉め、リンは静かな笑みを漏らした。

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。