スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年の日記SSS再アップ

27日から公開する、今年度の読書週間応援SSSの前にお読み下さい(ゑ) 珍しく甘いです…砂糖吐きバカップル(をい) それでも良い、という方のみどうぞ。

──秋の穏やかな陽射しが差し込むリビングは、静寂によって満たされている…。時折、はらりと書類をめくる他は、ほとんど物音がしない。 青年はソファで読書に勤しみ、その同居人で恋人と呼べる女性は、床で腹ばいになり、新聞を読んでいる。 英語の勉強用に、と、日本語と英語で書かれた新聞だった。辞書を引きながらも、珍しく集中しているようだった。 そろそろお茶を淹れてくれるだろうか、と視線を向けると。 彼女と目があった。 ……? 新聞に向かって頷きながら、ちらちらとこちらの様子を窺うように、視線を寄越してくる。 「……ふーん…」 何か納得したように頷きながら。 「……」 「……ふぅむ」 「……?」 だからなんださっきから、というこちらの苛立ちが伝わったのか、彼女は立ち上がった。 「麻衣──」 「お茶、いれるねっ」 何故か機嫌が良さそうだ。鼻歌を歌いながらいそいそと台所へ向かう。いつもなら、新聞を読むのなどとうに飽きて、五月蠅く騒ぎ出すのだが。 暫くして、温かなお茶を入れて戻ってきても、やはり機嫌は良いようだった。 僕にお茶をソーサーごと渡し、彼女は愛用のマグカップを持って、僕の膝元の床にぺたりと座り込む。 恋人、というよりもまるで人懐っこい犬猫がそうするみたいだ、と思う。 「ね」 見上げる目元には、柔らかな笑みが刻まれている。 「なんだ」 「11月9日、までは許してあげる」 「…は?」 なんのことだ。 「だから。それまではかまってくれなくてもいいよ。どうぞ読書に勤しんで下さいませね」 ──ますますもって珍しい。 「珍しいね。へんなかおー」 そう言って、楽しそうに立ち上がる。 「だから、なんなんだ一体」 「いいのー。麻衣ちゃんは寛大だから、許してあげちゃうのだ」 訳の分からない事を言って、再び台所へ向かう後ろ姿に、溜息を吐いた。 そして、床にそのまま置き去りにされた新聞に目を落とした。 それは、たった一行。 本を読んでる 君が好き ──10月27日から11月9日までは読書週間です── (2006年度のスローガン)

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。