スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝福と誓いを。

久しぶりのGH、ナル麻衣SS。 読んでくれないと思いますが、自己満足なお祝いです。 宜しければ続きから。
祝福と誓いを 「信じられ…ないかも」  呟いて、麻衣はベッドに腰を下ろした。ほんの数時間前の喧騒から解き放たれ、今のような静寂に包まれていると、やはり先程までの出来事は夢だったのではないか、と思う。  集まった友人たちは皆、心から喜んでくれて、祝ってくれた。  そして、大切な人たちは。  大泣きしたぼーさんや優しく微笑んで祝福してくれたジョン、綾子は珍しく言葉少なに、真砂子は優しく、そして二人とも双眸にうっすらと涙を浮かべ。 リンさんからは「ありがとうございます」と、なぜか感謝の言葉を贈られ、まどかさんはハシャいでいたが、綾子達のように眼差しは滲んでいた。  そして。  新しく家族になる、マーティンとルエラ。 「ありがとう。」 「本当に嬉しいわ。これから宜しくね」  リンとはまた違った意味合いのようなお礼の言葉と祝福を貰い。  二人は夕方の便で一足先に帰国している。 「不思議…」 「何が」   振り向くと、バスルームからナルが出てきたところだった。濡れた髪をタオルで拭き取っているが、バスローブ姿。  何度観ても綺麗だと思うけれど、未だ気恥ずかしく顔を背ける。  …田畑と森の広がる風景に、沈みかけた夕陽の光が綺麗だった。 「何が、不思議だって?」  珍しく、問い掛けてきたナルを見ず、麻衣は応えた。  「うん、だってね。さっきまでみんなと居て、お祝いして貰って。で、今ここに…二人っきりで居て。おまけに明日はイギリスに行く、ていうのが信じられないくらい、不思議だなって」  結婚式だったのだ。先程は。  綾子達も情報探してくれ、式は親しい人々だけで人前式で行った。披露宴は隣接しているレストランで、沢山の友人を招いてブュッフェ方式でやった。  楽しかったけど、今左手の薬指に嵌められた、このリングに触れていないと現実感が湧いてこない。  そして、今居るのは空港近くのホテルだなんて。  ずっと一緒に暮らしているから今更、とも感じるけれど。仕事抜きの、二人きりでどこか外泊するのも珍しい。 「へえ」  ナルはいつも通り興味なさげに呟いた。そして、麻衣とは背中合わせにベッドに腰を下ろした。麻衣は安心したのか、言葉を続けた。 「今、この瞬間が…凄い、幸せ…だなあって」 「今だけか?」  ナルは麻衣の背後から抱きすくめ、雫の浮かぶ眦に、唇を寄せて囁いた。 「今、だけじゃないよ」  麻衣はそう応え、ナルの唇に自らの唇を軽く触れて、 「これから、ずっとだよ」  神様とか、そんな存在ではなく。  あなたにこそ、誓いたい。  想いを込めた口付けに、ナルも応え。  二人は互いに、祝福と誓いの口付けを交わした。  今、この時に誓うと。  互いに変わらぬ想いと、幸せを守ること。  他でもない、互いに誓い合うことを――。 End 2007/07/06 新しい家族に

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。