スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓のおまけ(をい)ナルばーじょんです。

「誓い」 ↓8月14日、その想い遙かに。 ナルバージョン。しかし…古い…。 どっちも出すのはこっぱずかしいのですが。 宜しければ続きから。
 ──彼女の願いは、ささやかだ。  だけれど、それ故に叶えられるのは難しいと、互いに知っている。  それでも。       誓い                  それは、毎年繰り返される事。  当たり前の、やりとりで。  内心ちょっとだけ、うんざりするけれど。こればかりは仕方ない。世間で言う所の『恋人』として付き合う前から、『雇用主とバイト』という関係だった頃から変わらない、毎年の恒例行事。   「ナル。ちょっと早いけど、誕生日プレゼント。何が良い?」  8月の初旬。もうすぐ英国へと一時帰国する彼の荷造り(読まなくなった書籍や、解析したデータやら本部に持って行くデータやらだ。生活用品は自宅に有るので殆ど無い)を手伝いながら、麻衣は尋ねた。  どうせ、答えなんて解っているのだ。  付き合う前は、「いらない」の一言で片付いた。付き合うようになってからは「何でも」と。だからどうせ、今年もだろうと。    だが、彼は珍しい事に反応を示した。ふと、その手が止まり、こちらへと視線を向けた。 「…毎年同じ事を訊いてるが。訊かないと分らない物なのか?」 「は?」  思わず、手を止めて彼を凝視してしまった。  去年も一昨年も、『別に何でも良い』と言われたから、取りあえず実用的な物を贈って来た。それに関して彼が不満を述べた事はない。使ってくれているようだし。でも、でも…今の台詞って? 「…えと?」  首を傾げて、問いかける。意味が分からなかった。  これは『言わなくても僕の欲しい物くらい分るだろう』と言いたいのか? 「……」  黙ったまま、イヤな溜息を落とされ、麻衣の頭に血が上った。 「ちょっと!あんだよ、それっ。言ってくれないと分んないでしょーっっがっ」  そう怒鳴れば、 「麻衣こそどうなんだ」 「えっ」  切り返されて、再び固まる。 「人には毎年訊くくせに、自分の誕生日には何も言わないだろうが」 「…言わなかったっけ?でも、毎年一緒に居てくれるから、それでいいんだけど…」  再び、ナルは溜息を吐く。 「……自分の希望を言ってみろ」 「いや。だから、いいんだって。特に欲しい物はないし」 「…僕には『欲しい物を言え』と言っておいて?」 「あー…」  なんでだろう。なんでナルは怒っているのだろうか。事実、それが彼女の望みで、毎年ではないにしろ、ほぼ叶えてくれているし。何よりも。   ────それだけが、幸せなんだよね。    まるで、家族のような存在。漸く与えられた、居場所。それが何よりも嬉しい。普通の家族なら、当たり前だと思うかもしれないが、彼女にとってはそれが一番の願いだったから。  だから。  これ以上の望みは、言えない。言葉にした瞬間、奪われてしまうかもしれないから。   彼女の奥底には、常にこの不安があった。  黙ったままでいると、ナルの手が麻衣の頬に触れた。 「言ってみろ」 「え。…いや、だって」  困惑していると、その手に引き寄せられた。 「お前の、本当の望みは何だ?」  有無を言わさぬ厳しい口調。そして、鋭い眼差しだったが、その奥には暖かな光があった。  惹かれて、自然と涙が零れた。 「麻衣?」  再び、訊かれて。耳元に言葉を落とされる。 「言え」  偉そうで、嫌みな口調なのに、何故か嬉しかった。だから、思わず、 「あの、ね……。いつまでも、傍に居させてくれる…?」  叶う訳がない、と分っている願い。だから、今までは決して口にしなかった。だけど、今この時ならば、告げても良いと感じた。温かな抱擁に包まれて、目を閉じ寄って胸元にすり寄った。  宥めるように、頭を撫でていた手の動きが止まり、少し離された。  綺麗な、黒曜石のように輝く双眸が、楽しげに煌めいて覗き込んで来た。そして、 「麻衣。…それは、プロポーズだと受け取っていいんだな?」  実に楽しげに、囁く。         「は……?」  数俊の後、素っ頓狂な声が出た。ナルはそれに構わず、 「覚悟しろよ。色々と面倒な手続きは有るし、暫く忙しくなるかもしれないが」 「あ、えと?」 「今回の帰国では無理だから、冬辺りにするか。麻衣、パスポート、作っておけ」 「あの?」  こちらを一切見ずに、ナルは一方的に告げる。 「ちょっと待ってよ、ナル。なんで…そう言う事になる訳」  漸く口を挟むと、 「そうじゃないのか」  不穏な視線で、睨まれた。  「麻衣」  痛くなるくらいに、腕を掴まれた。恐かったけれど、それでも、 「ナル…そんなんじゃないよ」  と、抗議する。 「では、なんだと?」  穏やかだった双眸には、焔が燃えている。恐怖を感じる程に、強い。だけど、これだけは言わなければ。 「そんなんじゃ、ないよ。ただ、傍に居られる間だけで良いの。それ以上は、いらないから…」 「…そんないい加減な気持ちで、僕と付き合いたいと?」 「いい加減、なんかじゃ、ない…」  涙で言葉が詰まる。 「でも、でもね。……家族には、なれないよ」  そう告げて、堪えきれずに泣いた。それは、決して求めてはいけないものだから。  ──泣き続ける、麻衣の背中を抱き寄せる。 「馬鹿だな」  溜息とともに告げれば、「どうせ馬鹿だもん…」弱く囁く。  分っている。本当は、彼女が何を恐れているか。  ただ、生活が変わる事を恐れている訳ではない。  日本国籍の彼女と英国籍の自分では、色々と煩雑な手続きも有るし、最終的には向こうで暮らす事になるだろう。だが、彼女が本当に恐れているのはそれではなく。  彼女も、自分も。孤児だから。  今更当たり前の事だ。だが、『家族』に憧れながらも、それが奪われる可能性ばかりを彼女は危惧する。  当たり前のようにあった、それを奪われる痛みを彼女は良く知っている。  ──奪われて、苦しむなら最初から無かった方が良い、と。   「馬鹿だな」  もう一度言って、濡れた瞼に、頬に、口付けて行く。 「今更、だろうが」 「……?」  不思議そうに顔を上げた。その唇を奪う。  幾度となく繰り返された行為。それでも、何度でも重ねて求めるのは、僕自身が確かめたいからだ。 「な、る」  喘ぎながら名を呼び、潤んだ双眸で見上げて来る。いっその事、このまま押し倒してやりたくなるが。  「???帰ってから」 「ん?」 「答えは、帰ってから訊くから」 「わかった…」  安堵したように、息をつく。  それをもう一度抱き寄せて、額に口付けた。  ──もうすぐ。あの日が巡って来る。    その日が近づくたびに、恐れていた事を。  僕は再び思い起こした。                      ────空港から、その場所までは遠い。  成田に降り立ったそのままの足で、その地へ向かう。空港から事務所に連絡を入れてみると、居たのは安原さんとリンだけで。  彼女は居なかった。  どこに行ったのかは、二人は訊いていないと云う。だが。  僕には、もう分っていた。    新幹線とタクシーを乗り継いで、漸く辿り着いた。  夕闇に沈もうとしている湖面に、さざ波の光が煌めく。その水面を、声もなく見つめる人影。  闇に飲み込まれるかのように感じたのは、彼女がらしくなく、漆黒の衣装に身を包まれているからだろう。普段の彼女からは、想像もつかない色で。  ──闇に沈もうとするその姿を、この腕に搦めとる。  拒まずに、受け入れる穏やかな光。振り向き、僕に向かって微笑みかける。   奪われたくない。  いっその事、僕の中に全て封じ込めてしまいたい。  愚かな想いに気付いたのか、腕の中で彼女はただ微笑む。  だから。 「今、此処で誓え」  告げた言葉に、ただ頷く彼女を抱きしめる。  身勝手な願いだと思う。だが、彼女はそれを受け入れる。身の内から発する仄かな光を、僕に与えて。 「うん。誓う…」  その言葉に安堵しかけた時、彼女の言葉に再び驚かされたけれど。  ────封じる事は出来なくても。  ただ、今この時傍に居る。    それが出来るだけ続くように、抱きしめる。  その祈りを、言葉に変える事はできなくても────────。                 fin

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。