スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誕生日おめでとうその3

これで完結です。
Happy Birthday Dear...........Noll 「・・・あ・・・」  ナルの腕の中で、麻衣はゆっくりと目を開けた。 「どうした」  気配に気づいたのか、ナルは直ぐに問うた。 「すごく、久しぶりに視たの・・・ジーンの夢」  ゆっくりと言葉を紡ぎながら、彼女は夫の胸に擦り寄る。彼の方も引き寄せるように抱いて、その髪を梳きながら、訊ねた。 「奴に、会ったのか」 「ん・・・」  くすぐったそうに、でも半分寝ぼけているのか、麻衣はゆっくりと答えた。 「わかん・・・ない。会ったの、かな・・・?  ジーンに、『お帰りなさい』って言う・・・夢だったの・・・」 「そうか」  言いながら、麻衣の眦に何度もキスを落とす。  片割れには、もう何年も会っていなかった。彼女の夢にも、自分の呼びかけにも応えず、現れることはなかった。  もう眠ったかと思った妻は、顔を起こした。 「そう、言えば・・・今日、になったよね。誕生日」 「ああ、僕の・・・?そうだな」 「おめでとう、ナル」  それに口付けで応える。啄ばむように、何度も、何度も繰り返す。両腕に彼女を閉じ込めて。 「・・・ジーンにも、おめでとうって・・・言ってあげたかったな・・・」  囁くようなその声に、こんな時に、例え奴であろうと??他の男のことを考えるなと、さらに強く華奢な身体を抱きしめた。  汗が引いた躯は少し、冷たいがその奥には確かな熱を感じる。  穏やかな息遣いと、心地良い心音。  それは、生命の確かな証。そして……。  思えば、それは???予感だったのかもしれない。  暫く日本と英国との二重生活が続いたが、ある契機(きっかけ)で本格的に英国へ籍を置くことになった。  麻衣が妊娠し、そして夏に男児を出産したのだ。  日本に居たメンバーは皆はるばる祝福に駆けつけ、時折、長期に渡って世話を焼きに来た。子供の世話だけなら義母だけでも充分だが、麻衣のために、彼らは来てくれたのだった。慣れない環境の中、頑張っている彼女の為に。  慌しくも、充実した二年間が過ぎた、そんなある日のこと。  ナルが帰宅すると、珍しいことに家の中は静まり返っていた。  そのまま真っ直ぐ、居間に向かう。  案の定、ソファには妻と息子が健やかな寝息を立てていた。ルエラは買い物でも行っているのだろう、ここには居なかった。  黒髪の小さな息子は、母親の膝の上に抱きつくようにして眠っていた。 「麻衣」  苦笑しながら声をかける。放っておけば風邪を引いてしまうだろう。  しかし、熟睡してしまっているのか反応がない。ではまず、息子の方をベッドへ寝かそうとして、彼の方を見ると。  顔を上げて、目を開き、じっとこちらを見つめている。ぬばたまの双眸、黒い髪、そして顔のつくりは自分に似たのだろう。だが、表情は妻に似て、いつも快活に、くるくるとよく変わった。  だが、今は。  双眸に強い光、真摯な眼差しを浮かべこちらを凝視している。  そして、父親に向かって、 「ただいま、ナル・・・」  と。  家では、殆ど英語だった。二歳を過ぎた息子は話せるようになり、色々なことをべらべらと喋り捲る。おそらくこういう所も母親似なのだろうが、一番口にするのは『マミィ!』と。  そして、『ルエラ』『マーティン』と、祖父母にも盛んに声をかける。時々というかごくたまに『ダディ』と、呼んでくれる時もある。  だが、今の言葉は。  日本語で告げられた言葉を理解するのに、珍しく数瞬を要した。頭の中でもう一度反芻し、そして、ナルは応えた。 「おかえり、ジーン」  その瞬間。  くしゃりと、息子の表情が破顔した。その笑顔は、懐かしい、片割れのもの。全く違う、知らないはずの名前で呼ばれたのに、彼は嬉しそうに微笑んだ。小さな腕を懸命に伸ばす。  それに応えて、ナルはその身体を抱き上げた。そしてもう一度、 「おかえり」  と、呟く。再び嬉しそうに笑い、そのまま寝入ってしまった。  その小さな躯を柔らかく抱いて、ベッドに寝かせてから、ソファで眠る妻の隣に腰掛けて、その髪の一房に口付けた。  いつか。  彼が大きくなった時に、話そう。嘗ての自分の片割れのことを。そして、今日のことを。それまでは、自分の胸の内にのみ、秘めておこう。 「Happy Birthday, Dear..........」 この日。 9月19日。 全ての生まれ出づる命、存在する命に祝福と、感謝をこめて。 FIN

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。