スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味無し落ち無しネタバレばれんたいんSSS

一応ナル麻衣ですが、ネタバレしていますので宜しければ続きからどうぞ。 ……もの凄く久しぶりなのにこんなくだらないのでごめんなさい…。 あ、本日(2/14)限りになります。
朝食の席に着いた時、ティーソーサーには見慣れない、白いカードが目に止まった。   Our dear Twins,  We love you. 「…ルエラ?マーティン?」 今日は僕らの誕生日でもないし、特に何もない日の筈だが。 ルエラはトーストを皿に乗せくれてから、向かいに座るマーティンの傍らに寄りそい、マーティンが口を開きかけた。 「おはよー、遅刻遅刻だよ~っ!ナル、なんで起こしてくれなかったのさ!」 「今日は朝、フットボールの練習をするから早く起きる、と言ってなかったか。僕は降りる前に声かけたんだが」 「あ、あれ?」 ジーンは片手でシャツのボタンを止めながらもう片手でトーストに手を伸ばそうとしてから、 「あれ?」 と、彼のところにも置かれたカードに気付いた。 「わぁ!有難うルエラ、マーティン!」 と、大喜びで二人に駆け寄り、頬にキスをする。 ??なんだ? チャットで思わず問いかけると、 ??聖ヴァレンティヌスの日だよ、ナル。 と、間髪入れずに返答されたが、わからない。 「今日はバレンタインだよ」 マーティンがそう告げ、 「そう。イギリスでは大事な人たちにカードを贈るの」 「君たちは僕たちの最愛の息子たちだからね。親愛と、感謝の気持ちだよ」 「感謝…」 それなら僕たちが贈らなければいけないだろう。 「有難う」 ジーンが珍しく神妙な面もちで告げた。 「ごめんなさい。僕らは何も用意してないんだ」 「良いのよ。これは私たちが好きでやってるんだから」 「…有難う」 僕もそう告げた。二人は嬉しそうに笑う。 その後ジーンは再び大慌てで出ていったが、放課後二人で寄った研究室でまどかに巻き込まれ、お菓子作りにつき合わされた。 なんでも、まどかが言うには日本ではチョコを贈るのだという。 …もっとも、この時は女性から男性に贈るのだとは教えられなかった。日本に来て初めて、そんな風習を知らされたのだが。 僕とジーンが作ったチョコは、ルエラもマーティンも大いに喜んでくれた。そして翌年以降、僕たちはこの日にカードを贈り合うようになった。 そして、今、日本で。 僕は今、婚約者と共に暮らしている。今朝彼女はまだ眠っているようだった。 昨晩は、「レポートの締め切りが近い」と言って彼女にしては珍しく遅くまで起きていたから、疲れているのかもしれない。 毎年、この日。 僕は甘いのが苦手だから無理強いはしないが、それでも彼女から何らかの贈り物が贈られた。日本では、わざわざ翌月にお返しするらしいが、僕は大概その日に彼女と食事に行ったりしていた。 なら、今年は。 僕はテーブルの片隅にカードを置いた。 今日は仕事の打合せがあるから早く出なければいけないし、何となく自分の目の前でカードを読まれるのは抵抗があるから、何も告げず、出ていこうとした。 が。 勢い立てて、寝室のドアが開いた。 「おおおはよっ、ナル!」 一声かけて洗面所に入り、すぐ支度をしてから、 「ごめんっ!今朝一時限目にテストなの!先に行くねっっ!」 と、慌てて出て行ってしまった。 テーブルの上のカードには見向きもしない。かつての記憶に残る、片割れの姿とだぶった。 「…うそ」 事務所にて、麻衣は呆然と呟いた。 「すーっかり忘れてたのね」 「呆れますわ」 「いや、だって…そういえば」 彼女は今の今まで今日の日付を忘れていた。 そう。 2月14日、所謂「聖バレンタインの日」。 先週の日曜日、綾子と真砂子で手作りチョコを作ったのだが、それ以来ばたばたと忙しくなり、すっかり忘れてしまっていた。 「私は当然用意したわよ」 「わたくしもですわ」 「……せっかく造ったのに。忘れてきたよ…」 本命である、婚約者殿はチョコレートなどを口にしない。 日頃お世話になっているからと、同僚や仲間達の分を作ったのだが。 「……取ってくる」 そう言って麻衣は立ち上がる。せっかくだから、当日に渡したい。外出の許可を得ようと所長室へ向かった。 「ナル、忘れ物してきたから家まで取りに帰るね」 「家に?」 怪訝に問い掛けてきたが、敢えてそれを無視し、 「直ぐ戻るから、じゃぁ…」 と、出ようとしたが、 「送る」 と言われ、渋々麻衣は断ることも出来ず、二人で家に帰った。 「僕はこのまま家で論文を纏めるから」 そう言って、ナルは書斎に籠もる。その様子に、麻衣は少し安堵した。 冷蔵庫の奥に閉まっていたチョコレートを取り出し、ラッピングをかける。ぼーさんやジョン、安原とさんとリンさんの分は全て一緒だが。 一応作った、彼の分はどうしようかと考えていると、テーブルの上に、一枚のカードがあるのが目に入った。 「これって……」 送り主の名のない、英語で書かれたカード。 以前、バレンタインは英国では恋人や親しい人同士がカードや贈り物をするのだと聞いたが。 ??You are my Valentine. 「嬉しい…」 麻衣はそのカードを胸に抱いて呟いた。 「麻衣?」 ナルが書斎から出ると、立ち尽くしたまま涙を流す麻衣の姿があった。 「…どうした」 「なんでもない。ていうか、嬉しいの…」 付き合っているし、婚約もしているが、はっきりと言葉では貰っていなかった。それが、『バレンタインの決まり文句』のカードとはいえ、嬉しかったのだ。 「ありがとう…」 カードを胸に抱きしめ、俯く麻衣を背後からそっと抱きしめる。 「でも、ごめん」 麻衣は漸くナルを振り返り、 「今日が14日だってこと、すっかり忘れてたから…ナルの分、用意できなかったんだ。みんなにはチョコ作ったけど、ナルはいらないでしょう?」 「…くれるなら別に拒む理由はないが」 「そう?珍しいね。甘くない奴も作ったんだけど…」 そう言いながら、まだラッピングしていない分のチョコを差し出した。甘さ控えめにはしてあるが、これでも食べないだろうと思ったのだが。 ナルはそれを口にする。驚いていると、ナルの指が、優しく麻衣の髪を梳いた。 「僕にはこれで、十分だしな」 「は…?」 「Eating a chocolate, can have the effect of being an ultimate "aphrodisiac"*......知らないか?」 「い、いいいきなり英語っ!?ってちょーっと待っ」 言葉は抱擁と口付けで封じられる。 ……みんなのために用意した、チョコレート。せめて一日遅れでもあげることが出来ないだろうかと考えたが、翻弄され、押し流そうとするその波に麻衣は全てを委ねた…。
*)チョコレートを食べることは、究極の"媚薬"だそうです。 構想5分で書き上げたのが37分です。 久々なのにやっつけ仕事でごめんなさい~~~~~っ。

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。