スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はなのさくころに

ネタバレ無し超久しぶりSSS。 今年初めてでしたね…。 長いので、続きからどうぞ。
桜(はな)咲く季節に、あなたと出会い。 「ん~…」 穏やかな、春の午後。 麻衣は背伸びして、頭上に咲く桜を仰ぎ見た。 柔らかな風に、咲き始めた花は早くもその花びらを散らせている。 ここは高校の校庭。卒業式は終わったが、出席日数を補うため、今週はバイトには出ず、ずっと補講に出席していた。 それも、今日で終わった。 (綺麗) 母は桜が好きだった。毎年、母と二人で花見に行くのが楽しみだった。 (お母さん。見えるかな?綺麗だよ) ここ数年は、みんなと一緒に過ごしていたから、一人で花見をするのは久しぶりで。 本当は、今年もみんなと一緒に花見の予定だったが、温暖化の影響なのか予想以上に早く咲いてしまったので、都合が合わなくなってしまったのだ。 (寂しいけど、辛いわけじゃない) ただ、今は一人で見ていたかった。 (そういえば) あの時も、一人で桜を観たくて。 入学してすぐの頃、一人、早めに登校して。 「何を呆けている」 「!」 驚いた。本当に心臓が止まるかと思う位に。 声の方へ振り向くと、校門を出た所に、腕を組んで偉そうに立っている上司がいた。 「び、びっくりした…驚かさないでよ」 「ずーっと惚けていたからだろう」 いつもの会話を交わしながら、麻衣はその場で立ち尽くした。ナルもまた、動かない。 「何してる」 「ん。お花見ー。ナルこそどうしたの?」 ナルは軽く息を吐き出して、麻衣へ歩み寄った。麻衣はそう言ったきり、再び桜に見入ってしまう。 「綺麗だよ。ナルも一緒にお花見する?」 「仕事がある。麻衣ももう補講は終わりだろう」 「あ、うん…」 麻衣はナルへ振り返り、不思議そうに尋ねた。 「あの、もしかして迎えに来てくれた?」 「そう見えないか」 ナルは眉を顰める。 「わ。びっくり…あ、ええとありがとう?でもまだ時間早いよね?」 今日からバイトに出勤する予定だが、夕方からの筈だったのに。 「安原さんが急用で来れなくなった」 「あ、そうなの?」 「リンも出かけるそうだが、先に昼食ついでにお前を迎えに行くように言われた」 歩きだすナルに、漸く麻衣もその背中を追って歩き出した。 「へー…あ、でももう1時過ぎてるね?あたしまだご飯食べてないんだけど、途中で買っても良い?」 そう問い掛けると、 「僕もまだだ」 ナルは振り返る。 「今日で補講終わりだろ?記念にご馳走してやる」 そう言って、麻衣に手を差し伸べる。 「わ、いいの?うれしー、ありがとうナル!」 麻衣はナルの腕に抱きつく。それを振り解くことなくナルは歩みをすすめる。ナルの腕に懐いたまま、麻衣は楽しげに喋り続ける。 「わー、明日は雪降るかな?そしたら桜と雪で素敵だねー」 「…北ならともかく、それはないだろう」 あくまで真面目に返すナルに、声を立てて麻衣は笑った。 「だって、ナルがご飯ご馳走してくれるなんて珍しいじゃん。お天道様もびっくりしちゃうよ」 「…どういう意味だ」 流石に機嫌を悪くしたようだ。 「あ、軽い日本のジョークですって。すみません所長」 「一人で先に事務所に行って、仕事するか?」 「わーっ、だからすみませんごめんなさいぃ」 本気で焦り始めた麻衣に、返事の代わりのようににナルは彼女の頭をかき撫ぜた。 麻衣は一瞬、不思議そうにしたが、すぐに微笑む。 「ナル、覚えてる?みんなと逢った時も、桜が咲いてたよね。もう少し先だけど」 「そうかもな」 覚えているのかいないのか、どちらとも取れる反応。 それでも麻衣は嬉しそうに笑った。 ナルサイドは近日に?

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。