スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10巻発売記念叫び

原作ネタバレは多分してない…つもりですが。 読んで下さる方は続きからどうぞー。 土日読めなかったので、今更ですが。 しかし今日書店いったらもうなかったですね…売り切れ?
長くて済みません。 お付き合いいただける方のみどうぞ。 箇条書きですが、読みづらいですね…。 ・帯 …何も言えませんがな。 ・表紙 麻衣ちん、ワンピースの下は生足だったら良かったのにー(をい ・裏表紙 ナルの表情…意味深ですね。雰囲気が強く伝わっています ・カバー見返し麻衣ちん 女子高生の制服万歳 ・扉絵のやっすーとジョンv ジョン若い。確かこの時点では二十歳いってます…よね? ・買い物小ネタ こーいうの一番嬉しいですね!いなださん有難うv …多分もう一枚は綾子姉様がぼーさんに(脅して)買わせた、と妄想してますv ・『夢の中のナル』の笑顔。 ……そこから始まりますか。あうあうあう。 原作未読な方はどう感じたんでしょうか。 激しく知りたい…とゆーか、切なすぎる。 今までコミックでも麻衣ちん視点で物語は進んでましたが、麻衣ちんの心情が強くはっきり描かれているのは希少かも。 原作では麻衣ちん一人称だったから、コミックとは少し違ってましたが。 あーうー、笑顔…ね。切なすぎですわ… 夢の中の彼については、漫画完結の暁には本に出来るほどいっぱい語りたいですね!! ・珍しく静かなぼーさんとそれを心配する麻衣ちん …麻衣ちん良い子や…。 ぼーさんはやっぱり大人かな。 ・現金一括払い 保険入ってなければそれ位ですかね…何とかならなかったのかなぁ。でもまあ、大丈夫なんですね。 羨ましい。 ・安原さんの品の良いお母さん お顔拝見したかったですよ!! ・オモシロ家族 原作以上に楽しかったです! 『どろぬま茶』非常にうけましたが! リンさん、気付かないでしょうが背中に哀愁感じますよ(笑 ナルが末っ子…うぷぷ。確かに。 ・吉見家 長々とお世話になっているうちにこども達は麻衣ちんや綾子、ぼーさん達に懐いていたんだろうと思います。 そんな所も見たかったです。 ・原さん乗りますか 原作初読した時は私も疑問でしたが、単純に消去法ですよね。 比較的静かで(麻衣ちんと綾子姉さんは端から論外でしょう)省スペだし(笑)、安原さんは怪我人だし、ジョンをスカウトすればぼーさん達の車はいよいよ収拾つかなくなるでしょうから、ナルとしても苦肉の策だったのではないかと(笑) …まあそれを狙ってたなら逆効果でしたが; (にしても、原作では麻衣ちん「身長がちがやサイズだって違う」って思っていても口にしてはいなかったはず) 安原さんの『剛毅だ』 ちゃんと漢字で書かれたのが気になったのですよ。 なら他の平仮名表記も漢字にしてくれたらもっと読みやすいのになーと。 ・もしこのとき道をまちがえなければ~ この書き方だと、今回のお話は麻衣ちんの回想、と見えるのですがそれで良いのでしょうか。 誤った解釈? ・やっと 見つけた… 初めて原作読んだ時はただびっくりしましたが。ナルの感情が表情に現れた(描かれた)のは、多分この時が初めてだったと思いましたし。 麻衣ちんと一緒にただただ唖然としてましたよ…。 ・『残ると言いなさい』 真砂子…。 メンバーの中で唯一事情を知ってる真砂子。 麻衣にそう言ったのは彼女の気遣いもあったのでしょうが、『彼に恋している』者同士として。 そしてやがて来る別れの時を、一人で迎えたくなかったからでは…とあの時は思いましたが。 ぼーさんも、事情を知らなくとも『ここで別れたら二度と会えない』のが分かってたからではないですかね。 しかしナルが不機嫌になるのも無理はないですが、それでも受け入れたのは単に負けたからなのか、 それ以上構われたくなかっただけなのか。 ・「別れのない人間関係なんてない」 多分ぼーさん以上に麻衣ちんは理解してると思いました。 慰めようとするジョンの表情も良かった。 ・女子高生な会話 真砂子が楽しそうなのが可愛いーv その後の切ない表情もまた素敵 ・お母さん綾子 ぐー。 綾子姉さんの手料理食べたいv ・ナルとリンさんのご飯 リンさんは料理出来そうですが、実際どうなんでしょうね? カロリーメ○トをボリボリ食べていたんじゃないかと想像。(某素敵同人誌で読んだ『実は餓死寸前だった』ならそれもウケますが) ・「兄」 ……………。 あうあうあうあうあうあう。 あーのーねぇぇぇ。 全ての元凶はこの人なんでしょうね… ・ナルは知っているんです リンさんって意外に口軽くない? そこまで(殺された云々)言わなくとも ・依頼人ず …ゾンビですか。 まあ、んっとにどーしよーもねーおっさん達ですね(怒 ・どうせ待っているだけですることがない 初読の時は、「ナルも何もせずただ待っているのは辛かったのね…」と思ったのですが(純情だったな、わたし)。 言葉通りの意味だったんでしょう…「悪夢の棲む家」読んでそう思いました。 ・幽霊の定義に関する考察 当時は本当に新鮮でしたね。 凄く納得がいきました。 ・すなおじゃないぼーさん かわいいvv そして、ナルの笑顔もかわいいかも。 ・そこのスズメ 反応する麻衣ちんかわええ。英語版でどう訳すのか気になるのですが ・野球中継からプロレスに? ちゃんと割愛されずに描かれていたのが嬉しいですね!! 安原さんとぼーさんの掛け合いは本当に楽しい。 ・なつかしい 最初の調査と同様、廃校での調査。 背景の描き込みが非常に丁寧…麻衣ちんの感慨をぼーさんも味わってたんじゃないかと。 ・ぼーさんとジョンの謎 ぼーさんのエピソードが知りたいな、と。しかしジョンに関しては良く分からないですよねぇ。 エミリーローズは参考にならなかった…。 ・「探偵のまねごとをする気はありますか?」 冗談に紛れてお願いしている辺り、ナルが如何に安原さんを信頼しているのか伺えますv ・歯磨きコップ 思わずネタにしましたが、お買い物行くとき真砂子たん和服だったのか…絶対正体(?)ばれてお客さんや店員からサイン攻めに会うと思ったのですが。 リンさんの哀愁ある背中がまた良かったですねv ・雨に濡れるメンバー リンさんもあまり濡れてないのは気のせいかなー? ジョンがプルプルしたのがわんこみたいで可愛いっす! しかし麻衣ちん…胸がぺったんこになっちゃって; ・開かないドア ………自分の中ではこの時点で既にビビってました;; ・消えたリンさん え、まさか!?と当時すんごく驚きました。 しかし血痕は… ・あやこちゃんおめでとう えげつない。そして怖ー!! 女子高生二人 可愛い可愛い!!!待望の真砂子の制服ー!! カバーの折り返しで鼻血吹きそうになりましたよ!(バカ しかし『またお会い出来たら』って…たらって!なして仮定形ですかーーーっ。 うわあああん頑張ってくださいいなださーーん! 楽しみにしていますよう!! ていうか、次巻はどこまで描かれるのかわかりませんが自分的には一番怖い場面がいっぱい出て来るし…あれやそれやこれをいなだ先生がどう表現してくれるのか、怖いんですが非常に楽しみにしています!! そして、そして…。 あうううう。 叫びたいことは色々ですが、この辺で(脱兎

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。