スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hanabi

……いつぶりか忘れましたが久しぶりのSSS。 (数えるのが怖い;) 携帯から頑張って書きましたにょ。 長いので続きからどうぞ~。 相変わらず意味無し落ち無しですが。
夜空に大輪の華が咲く。 それから一瞬遅れて、大気の震動と共に炸裂音が響いた。 ……最初のうち、傍らで彼女は子犬のようにはしゃぎ、子供のように歓声をあげ、その度にいちいち僕の服の裾を引っ張り煩わしかったのだが。 今は??ただ黙って咲き誇る華を見上げている。 『日本にいるんだから夏の風物詩を楽しもうよ!』 等と訳のわからない理屈で彼女は僕を連れ出した。 何故かいつものメンバーはおらず、しかも場所は以前調査に入ったビルの屋上で、僕らの他には誰もいない。 ビルのオーナーからの好意だそうだ。 『贅沢だよねぇ』 彼女は嬉しげに言いながらもどこか恐縮した様子で呟いた。 僕はと言えば、たまたま仕事に区切りがついたから、彼女の誘いを断って後々周りから騒がれるよりは、適当に付き合ってさっさと彼女を連れて帰るつもりだったが。 ドン。 ドーーン… 気がつけば僕もまた、残響と共に最後の華が、闇に溶けていくのを見つめていた。  意識がとんだのはほんの一瞬だったろうが、ふと傍らに立つ彼女を見て、驚いた。 「麻衣」 呼びかければまだ茫然とした様子で振り返る。 その下睫に指を沿わせた。 「え…?」 双眸が艶めいて、輝いていたのは、やはり濡れていたからだった。 「あ、あれ…?」 「泣いてたのか」 「そう、みたいだね」 恥ずかしさから俯いて、素早く目元にハンカチをあてる。 「なんでかな?おかしいね」 「帰るぞ」 「うん。…有難う、付き合ってくれて」 「別に」 その手を取り、歩き出した。 今このビルには僕らの他には警備員しかいないが、エレベーターは動かしてくれていた。 駐車場に着いて警備員に礼を言い、車を発進させても暫し無言だった。 マンションに着いて部屋に入り、いつものように彼女はお茶をいれにキッチンに向かった。 リビングに紅茶の香りが広がる。 いつもの彼女のお茶だが、どこか苦みを感じるのは気のせいだろうか。やがて彼女が口を開いた。 「あのね」 軽くと息と共に告げる。 「別に…何か哀しかったとか辛かったとか、そういうことじゃなくてね」 「花火の音でびっくりしてたとか?」 「あたしはこどもかっ。…というよりもね」 再び紅茶に口を付ける。 「…ああ、なんか凄いなって。感動で胸がいっぱい?てやつ?」 「ふうん」 「職人さん凄いなーとか、ずっと昔から…技術が受け継がれていて、今に続いてるんだなとか…うまく表現できないけど」 「……」 「こんなにも、感動させられるモノができるなんて、凄いって…そう感じたからかな」 「へえ」 ??夜空に浮かんだ、大輪の花。 それはまるで、幻影のように一瞬しか現れないけれど。 その一瞬を二人で共有できたことに、僕は密かな満足を覚えていた。 fin

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。