スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士お誕生日おめでとう…なのかsss

お誕生日おめでとう博士!!


気持ちだけはそりゃたーんとあるんです!!


麻衣ちんのお誕生日には書けなかったからせめて、と思いましたが…。


相変わらず自己満足です。

お祝いになってません。


それでもよろしければ続きからどうぞっ。

平日の夜だというのに、いきなり部屋に行っても良いか、と聞かれて驚いたが。

「お誕生日おめでとう」


深夜0時ジャストに告げられた言葉に納得した。


「ああ…」


「もしかして忘れてた?自分の誕生日。ナルらしいね」


「そうだな」


「ごめんね、こんな時間に押し掛けちゃって…誰よりも早く言いたかったの」


そう、こんな時間なのだ。


「誕生日プレゼントも、何が良いかわからなかったから…とっておきのお茶淹れてみたんだけど」


どうかな、とティーカップを差し出して呟き、俯く顎に指をかけて上向かせた。


瞳と瞳が惹かれ合い、


「ありがとう」


告げればまた、俯こうとする。


「珍しいね、ナルからありがとうなんて…」


今度は頬に手を添えて、口付ける。


「ん…」


いつもの、柔らかな接吻から深く、角度を変えて。息が上がるまで続け、それでも尚、離し難い。





全身から力を抜いた、その躯を抱きしめて。





「ありがとう」


もう一度告げた。


この時間に彼女がここにいる、と言うことは、覚悟を決めたと言うことだろう。


それに対する、感謝の気持ちだ。





「ナル…?あ、あのね」


腕の中で彼女が何事か告げようとしたが、


「麻衣」


名を呼んでもう一度、口付けようとした。





その時、





ピンポーン。





ドアホンが鳴った。


「あ!」


麻衣が飛びつくようにそれに出た。


モニターに映ったのは、


『麻衣、迎えに来たわよー』


『早く降りてらっしゃいませ』


松崎さんと原さんの姿だった。 


「うん!今行くー」


そう言って、麻衣は身を翻す。


「行くって、どこへ」


「あれ、言わなかったっけ。これから綾子と真砂子と京都行ってくるの。深夜バスで」


「…は?」


「深夜バスだと全然安くてお得なのー。明日って言うか今日?遊んで、明日こっち帰るからね!」


「……」


「漬け物ならナルも食べられるでしょ?お土産に買ってくから!」


じゃあ、お邪魔しました~と賑やかな音をたて、そのまま出て行ってしまった。








そしてそのまま寝入ったが久しぶりにジーンに会い、


「…日本語でさ、蛇の生殺しって言うんだよね、それ。…同情するよ」


「……」


「麻衣にしてみれば、どーせ深夜だしついで、だったのかなぁぁ」


あーでも僕も麻衣とお誕生日おめでとうちゅーしたかったなー、などとほざいている奴を吹っ飛ばして、無理やり意識を覚醒させる。





それでも考えてしまうのは、


「ついで、だったと言うわけではないだろう…?」


そう、信じたいが。





どうすれば良いのか。こればかりは自分だけではなく彼女も経験値が足りないだろう。だがそれでも、遠くはない未来に自分たちの関係が前進することを信じ、再び彼は眠りについた。








■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。