スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクエリオンEVOLの5話まで

4話と5話の感想まとめて。
5話は…もう一回観たいなぁ。

1・2話…やわらかぁぁぁぁい
3話  …これが俺の気持ちです!(DO・GE・ZA☆orz)
4話  …なんでもできそうな気がするぅぅぅぅぅ!
主人公の決め台詞。
あと、3話の合体時のかけ声は「誠心合体!」でいいんでしょうか。
1・2話のは普通に「創聖合体!」でいいのかなぁ。

そこら辺は突っ込みお待ちしています。

4話の「雪解け合体!」は、ミコノちゃんとの仲直りを記念して?ってことでいいのかな。

やー、ここまで恋愛脳、ある意味自己中だとほんっと清々しいですね~。
恋愛脳+自己中、だとどこかのヒロインを連想しますが、
まだ始まったばかりですし、アクエリオンは前作も主人公はじめキャラが全員急成長するので安心してみられるかなと。
ただ、自分的にはヒロインが受け付けませんが…。
なんでだろう?

第4話 壁~conquer oneself~
それはともかく、4話の戦闘も格好良かった!
無限拳が出てこそのアクエリオン!

……アクエリオンがときめいてるってのは笑う前に脱力しましたが。
冒頭のスオミさんとドナールのやりとりもどこかあの二人の会話を思い出して楽しかった。
前作を知っているからこその楽しみもありますね。

そして最後のミカゲさんお目覚めシーンの「お早う。カグラ」って…♥マーク見えたのはきのせいですか。
どうですか中村さん、台本には♥マークついてたんでしょうか。

ミカゲさんは、実のところ森川さんヴォイスを期待していたのですが…。
回想シーン(?)じゃないけれど、アポロとトーマ、シルヴィアのやりとりとか、観たいなと思うのですが難しいですよね。。。

そしてシュレードさん。
出ましたね…OPラストのイラストでもメンバーに入っているし、学園No.1の実力を持つ、というから絡んでくるとは思いますが、なんだろう嫌な予感がひしひしと。

カイエンに対していきなり「親友」呼ばわりですし、彼に対してはよく絡むし、何気にアマタに対しては態度が冷たいというか、カボチャ扱いですよね…?
カイエンにしか興味がない、というか。
えーとそれって(…)

そしてそのカイエンお兄ちゃん。
最愛の妹に対し今迄ツンだったのがここに来て白旗。
デレにかわったあげく、戦闘中はじけちゃってましたね。

壁を破りたい、という気持ちはあの三人の中で一番強かったんじゃないでしょうか。
ていうか、壁破る必要があったのかそれともあれは単に事故だったのか…海上とはいえ、あのパンチに巻き込まれた街は絶対ありますよね?
大丈夫だったのかな~。

そしてシュレードによる遠隔操作。
あの一匹いる蝶そのものが、シュレードのエレメント能力の一環だったり?
やはり彼がキーパーソンなのかなぁ。

でもって。
とうとう総司令と、謎の美少女そろい踏み。
理事長って…。

第5話 恋愛禁止令
正直、戦闘シーンがなくて半分だらけて観てました。
見返せば多分色々また気付くことがあるんでしょうが。

アンディと委員長は絶対フラグ立ってるだろうからこの組み合わせだろうというのは予想できても。
カエル…。
1話から実は気になっていた「カエル」「紙袋」の女子生徒(?)
…周囲の人が普通に接しているから女子生徒、では在るんでしょうが…。

まさかアンディ×MIX×カエルの組み合わせとは!
あ、でもアンディ達は「ネコ」と呼んでましたね。
それに対し、アマタが疑問を持っているような表情が気になる。
でもって、そのアマタ×ミコノ×ゼシカデート(?)でも、子豚っぽいぬいぐるみを「ネコ」と呼んでましたね…。

なんだろう?
そして紙袋ちゃんが普通にデートしていたのが非常に気になるところ。

ゼシカは…なんというか、もう少しさっぱり系だと思っていたのにアマタへの絡み方がなんかいやらしいというか、単純に絡むだけなら「ああ、からかっているのね」ですみますが。
アマタがミコノのところにいくとあからさまに不機嫌な表情になっていたのはなんでかなぁと。

というか、アマタも知らない女子だからって(でも2話でアクエリオンの操縦教えて貰ってたじゃん!)、ミコノさんミコノさんって煩かったですし。
(むしろそれぞれに気を遣えよ、男子1女子2だったら男子はドレイに徹するのが普通だろう(ゑ)
仕方ないのかなぁ。

しかしその主人公チームより、
カイエン×シュレード×サザンカ
…どういう組み合わせ。

シュレードはカイエンを親友と呼んでいるし、(カイエンは全否定)サザンカちゃんはきっと二人を観て薄い本でも作るのか、という勢いでしたし…。
(理事長にはばれているよね、その趣向)

シュレード、身体弱いから訓練免除されているのにこんな課外授業(?)にははりきって参加する当たりどうなのかと(笑)
しかし、カイエンを「親友」と呼ぶのは、もしかしたら「前世の記憶」に基づいているのかな?
と思ったり…。

シュレードはむしろあのお兄様なのかとか(ゑ)
6話の活躍に期待ですね~。
しかしラストの「禁断の出会い」って…!
うああああああ、前作スキーにとってはやめてケローー!
何ですが(笑)

テーマ : アクエリオンEVOL
ジャンル : アニメ・コミック

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。