スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやっとこさの9話感想

若干どころかアルトさんの評価が自分の中でかなり下がっています。
(むしろ地に着く寸前…)
…なんというかさあ。
子供だなぁ、という以前に。
この時点では
っっっんとに!てめえのことしか考えてないんだなアルトさんよぉ!
…と。
あと、話のテンションも。
今回はミシェルの過去が中心に描かれているのですが、その他にも
・グレイスさんの黒い片鱗がこの時点で既に
・ランカちゃんが水着姿でティッシュ(?小説だとCDV)配ってる客の中にジョージ監督さんがいたね
・バジュラって卵生なのか!?
等々。
後の伏線に繋がるイベントがいくつかあって、それは良いのですが却って今回、肝心のミシェルの話にきちんと焦点があってないな…と感じました。気のせいかも知れませんが。

以下、印象の感想です。
・シェリルさんのボディースーツ姿!!!すってっきーーー!!
 ところでこの「ドキュメンタリー」映像特典で良いからそのうち出して欲しいですv
・アルトの後ろ姿
 他のサイトさんでも指摘されていたんですが、女性っぽいですよね。特にお尻が(笑)
・ミシェルに対しグレイスさんが「残念だったわね…お姉さん」。
この時はS.M.Sきっての腕利きスナイパーであるミシェルに対して「動揺させておいて排除しよう」と思ったからあんな発言をしたのかな?と思いましたが。
 …この時は普通に(軍関係者としての意識はあったかともかく)お悔やみを述べただけなのかな、と。
 わかんないよグレイスさん。
・「なんでシェリルを俺たちの班に入れた」
… 全く説明されていませんが、小説では「他の班に入れることは飢えた狼の中に子羊…っていうほど大人しくもないが、投げいれるようなもんだ」「個人情報の漏洩や、プライバシーを~」ということで、彼女の身を守るためにトップであるミシェル達の班に入れた、という判断の説明がされていました。…ここ、入れないとアルトさんでなくても分からないと思うよ…。
・動揺しまくるミシェル「趣味で戦争やってるお姫さん」まで言っちゃったよ!
…常日頃思ってはいたんでしょうけれど。でもこの時点では、そう取られていても仕方ないよ,アルトさん。
・「女もタマも一発必中さ」
…といいつつグレイスの言葉を良いタイミングで思い出してやっちゃったーーーー!!
わざとな訳ないけど、やはりミシェルもまだ若い、てことか。
・大統領VS三島
対決姿勢がはっきりしてきましたね。
そしてここからグレイスさん盗聴していたようですが、三島も協力していたのかな?
・クランの言葉
…ゼントラーディが文化(=リン・ミンメイの歌)の力によって人類に味方したとはいえ、全員が全員同じではなかったから、彼らにとっては非常に辛かったんだな、と改めて感じました。
これは13話以降の伏線にもなるのか。
・フレンドリーファイヤー
「誤射も血筋か!?」
…だー、かー、らー、さあ~~~~~!!!
言っちゃいけないことくらい判別付かないのかこのガキが!
というか、普段冷静沈着なミシェルがどうしてそういうミスをしたのか、考えてやれよ…。
・この回のヒロインはルカ
…彼は本来中等部でしたっけ。いくつなんでしょうか。
・ゼントラ化するクラン
この時の表情がとても切ない…。
・ランカとナナセ
一瞬しか出番無かった…。
・カナリアさんにあたるアルト
何も言えません。
・「皆基本的に訳ありだ」
その通りですよね!
でも普通、言われなくてもそこまで気付いてやれ…と思うのは厳しいかしら。
この時点ではアルトの理由が一番安っぽいと思いましたよ。
・姉の想い出
…何年前の話でしたっけ。
しかし、弟を残して自死だなんて…余程辛かったんだろうな…
・クランに八つ当たるミシェル
酷いよ、ミシェル。これは幼なじみだからの甘えでしょうけど。しかし殴られて頭部を振るのがかわえかった(何故
・「銀河の妖精、故郷のために銃を取る!」
…センスはともかく、その心意気は素敵。
トレーニングしながら電話しているのがかわいいvv
「あたしから見れば同じよ」「そもそもなんでSMSに入ったのよ」
…ちゃんと答えられてないよな、アルト…。
・「アルト、お前ミシェルのこと好きか」
・デビュー曲は「ねこ日記」
なのに、「星間飛行」がデビュー曲、とされているのは事務所が違うからですか?
にしても「伝説のメーキャップアーティスト」、って!ボビーさん何者;
・ストーカーブレラ(笑)…なにしてるんですかね。
・「びびるスナイパーも後ろを信頼できんアタッカーも使いモンにならん!」
…オズマ隊長素敵。
・卵から生まれる何か
バジュラだったんですね!でもってランカを見守るアイ君…!実は結構怖かった
・クランVSブレラ
このシーン結構好きです。音楽も!
・幼なじみミシェルとクラン。
幼少時代のクランがかわゆすぎ。それによじ登ろうとしているミシェルも(笑)
・「撃て!ミシェェェェル!」
事情を知って漸く心を開いたアルト君。
・フレンドリーファイヤーの真実
…最後、ミシェルはその答えを出せたのだと信じたい…。
うああああああああああ。
・やっぱりルカはヒロイン
・木陰から飛雄馬の姉ちゃん…じゃなかったクラン
この時のクランの表情がかわええ。

テーマ : マクロスF
ジャンル : アニメ・コミック

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。