スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1話「デカルチャーバージョン」

改めて、DVDを借りてみたので、デカルチャーバージョンの感想です。

……どっちも本編に採用されなくて良かったかも。

・アルトが本編にもまして思いっきり痛い子
(特にデカルチャーバージョン)
・ルカ、真っ黒…。

でもシェリルさんは変わりなく素敵ーーーvv
デフォールド後の寝言で「ストロベリー・パイだ…v」って、かわええvv
(15話で最初に流れたシーンはここか)
でもってフロンティアの海に感動しているところとか!!
ランカちゃんも可愛いです。
そしてナナセの出番が多い。

それと、欲しかったな、というシーンは初めてバジュラに襲われるシーンで、ゴーストがジャミングされて全機やられたところとか、キャシーと大統領の会話。
「シェリルに何かあったら国際問題」という台詞。
でもって、娘々のマスター、出てたんですね。
小説のイメージ通りでした。

アルトさん、初登場シーン。
リハーサルしているチームの仲間をよそに一人紙飛行機(しかもシェリルのポスターで!)折り。
そしてシミュレートするルカが「3回転」というのに対して、「くだらない。俺なら5回飛べるね」とかなんとか。
どこのお子様だよ、お前。
ミシェルにたしなめられていましたが。
シェリル来艦に浮き立つ仲間(同じ空気吸えるだけで幸せ、って。あはは、かわいーなぁ。同感!!)めがけて紙飛行機投げて(EXギア使って投げているから危ないんだってば!)、
(ここからTV本編)
紙飛行機を追いかけて飛んでっちゃうのは…。

で、肝心のシェリルのライブ。「ヤック・デカルチャーバージョン」は本編とほぼ同一(?)でしたが、「デカルチャーバージョン」では、
歌っているシェリルに対し、
何が銀河の妖精だ
やっちゃってバジュラさん達!!今すぐもうやっちゃってくださいこのガキを!!!
ま、アルトがシェリルを落としそうになって抱いて飛ぶシーン、カットされてましたがね。

一番気になったのが、公園で着替えているシーン。
ヤックデカルチャーバージョン、デカルチャーバージョンでも共通かな?
ルカとアルトの会話が…。

アルト「どうせ二千で行き止まりの空だ。せめて、バルキリーに乗れればな…こんなおもちゃじゃなく」
ルカ「でもこのEXギアも、一応軍と同一規格ですけどね」
(はん?おもちゃだって?ざけんじゃねーよウチ(LAI)がこの開発にどれだけコスト掛けたかわかってんのかゴラァ)
「卒業したら、軍人になるんですか、先輩は」
「民間のパイロットでも、飛べるじゃないですか」
(ふつーにパイロットでもやってろよ、頼むからSMSには入んなって)
アルト「決められたコースか。それもぞっとしないな」
ルカ「ですよねー。じゃあ僕、先に行ってます」
(はっははーん、あーもうつきあってらんねーやこの甘ちゃんが)

……結構厳しい…。
因みに()の部分はあくまで自分の想像(妄想)ですよ。

小説でも書かれていたけれど、やはりルカはおぼっちゃまというより、エリートだったんだな、良い意味でも悪い意味でも。
そう感じられたシーンでした。

で、アルトの「俺はここにいたくないんだ。…こんな、息が詰まりそうな場所には」
うーん、やはり単に逃げたいだけ何じゃないか、と。
何から逃げたいのかそれすらも分かっていないよねぇ、と。

しかし1巻、この二つのバージョンとTV版第1話しか入ってないってのがなんか納得いかなかったのは気のせいでしょうか…。

テーマ : マクロスF
ジャンル : アニメ・コミック

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Rook

Author:Rook
ようこそおいでくださいました。
こちらはマクロスフロンティア感想・および原作とは全く関係のない妄想小話の吐き出し部屋です。
最初に来られた方は『はじめに』を一読下さい。
銀河の妖精至上主義
一応映画が公開されるまでの期間限定ですが、もしかしたら延長もあるかもしれません(笑)
→とりあえず完結編公開まで。

Twitter
 
LOVE《リンク》
自分のブックマーク替わりです。皆さん素敵~!
カテゴリ
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~
ランダムでマクロスFの名言が表示されます。


Spcial Thanks マクロスF
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。